【PDF版】アルケミスト流風水術〜こころの風通しよく生きる(アルケミスト風水_完全版.pdf)

【300部限定です。お申し込みはお早めに♪】本冊子は、2016年5月13日に開催された野口裕也さんのセミナー「アルケミスト風水術」を書き起こしたものです。

■目次
・循環・常に流れている状態にする
・風水の基本は、風通しと水回り
・窓を開けて風を通すと、火が起こる
・水回りのこと
・洗剤の種類 プラズマクラスター 常に流れる意識 浄化
・寝具
・寝ている間に起こっている事
・目覚まし
・照明
・枕
・お風呂
・お風呂でエレメントが全部そろう
・温泉に入ると体内に鉱物が発生する
・自分を良い状態に保つことを極めつくす
・窓は大事
・滞りをなくすと起こってくること
・模様替え
・洋服はエネルギーが沁みつく
・金運が上がるブログ
・錬金術と貯金は似ている
・罪悪感
・金運を落とす口癖
・子育てとお金
・金運は伝染する
・体内に金が生成される意味
・金のエレメントを培うには
・温泉に入る
・なぜ鉱物を体内に作ると金運が上がるのか
・ゴールドの隠された効能
・ゴールドの摂取
・レッドフェニックスは金を自己生成させる実践
・シュンガイトの使い方
・シュンガイトの浄化方法
・本物の見分け方
・人体に金が生成される
・水銀が金を食べる
・エレメントの偏り 吹き出物、むくみ
・朝日を浴びることについて
・お金に困ったらできること
・ポイントカード
・キャンセル料
・地球上にはびこるビジネスのベース
・嫉妬を許す
・そもそもなぜお金が欲しいのか
・加速
・おすすめのお財布について
・優雅さ
・具体的な掃除の仕方2
・水拭きについて
・トイレ掃除について
・お金の入ってくる行動とは
・相手の滞り
・人とぶつかる
・苦手な人
・生霊・ネガティブなものへの対策
・強い思いは生命体になる
・ビジュアライゼーション
・願望実現の仕組み
・執着を抜きたい
・念を飛ばさないように頑張って重くなってしまう時
・ゴールドの意味
・家族が仲良く楽しく過ごせるリビング
・他人の思念の家族への影響
・寝室の天井の梁、欠けへの対応
・二段ベッド
・ベッドへの質問
・メールボックス
・物が少ない部屋について
・本の扱い


■著者プロフィール
野口 裕也(のぐち ゆうや)
クンルンネイゴンファシリテーター

幼少期より香りの世界に興味があり様々な香りに触れる。
13歳の頃、友達の紹介で
天風氏の心身統一法と心理学を実践的に学び始める。
その後、主に国内を旅しながら工藤光治氏より
白神山地の先住民文化を学び、原生林の保護活動等をする。
数年間、詩人日木流奈君のリハビリケアと対話の中で
自分を愛するということの大切さを痛感する。

専門学校で写真、美術、デザイン、ヘアメイク等を学ぶが中途退学する。
再び旅に明け暮れる中、ある神秘体験を機に2年間程引き篭もり
トランスパーソナル心理学の実践的探究をする日々を過ごす。

19歳の頃よりクンルンネイゴン®システム創始者である
マックスクリスチャンセン氏に出会い衝撃的な秘儀伝達を受けて
道教茅山派吐納法導引術「崑崙内功」「茅山五行気功」
茅山派高等錬金術「黄金の華の秘密」を学び始める。
21歳の頃よりクンルンネイゴン®システムと
崑崙寺院の正統継承者であるKan.(観 天仙)氏から
茅山派高等錬金術、蓮派吐納法導引術、無極舞、内功八段錦
上古代(カタカムナ)の伝統、中央アジアの伝統他
世界中のエソテリックスクールに伝わる希少な秘儀秘術を学ぶ。

23歳の頃、マックス氏のファシリテーター養成トレーニングにて
道教茅山派の奥義、チベット密教(ニンマ派)、モンゴリアン
エジプシャン(アヌビス派)、ハワイアン(カフナ)
ネイティブアメリカン(ヤキ族)の伝統を学び
ファシリテーター(apprentice)認定されて
2010年より全国各地でクンルンネイゴンの指導を始める。

クンルンネイゴンとその他のクラスを含めると
これまで1500人以上の方に指導を行っている。
自身の探求と変容をより深め洗練させていきながら
由布院、京都、東京、札幌にてクラスを開講中。

趣味
秘境探検、錬金術、中国武術、チャンティング、ピアノ
映画鑑賞、アロマテラピー、ブックカフェと温泉巡り




※本小冊子は、デジタルコンテンツです。ご購入後、PDFファイルをダウンロードしていただく形となります。
※BASEの機能上、デジタルコンテンツの販売はクレジット決済のみとなっております。ご了承ください。
※印刷対応、郵送対応は行っておりません。

¥ 10,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(2616829 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。